上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前から反抗期君達の様子を書いていこうか悩んでいたんだけど、
つい先日、夜に学校からの初お呼び出しがあったのをきっかけに、

そして、彼らが大きくなったら見せてやるという
母の企みのもと(てか、それまでこのブログは続いてるかは謎だけどね・・・)
ヤツらの悪行を記録として残していく事に決めました。



数日前、

PM8:00に電話がなった。
電話の相手は「魔王」。

魔王とは俺様の担任でクラブ顧問の我が家でのあだ名だ。
ちなみに、彼は体育の教師で、
その彼がいつもいてる体育教官室を「魔界」と呼んでいる。


「○○君はいてますか?」

なんだなんだ!?

またうちのオバカが何かしたのか?

ドキドキしながら話を聞く。


「実は今日の夕方、○○君と他2名が、ある一人の子のところに行き、
3人でその子に何かしたみたいで、
相手の子が、もう怖くて学校にも行きたくないと言っているんです。
なので、今日中にこの問題を解決したいと思いますので、
○○君と一緒に、お母さんも学校に来てください。」



(▼▼メ)


その時塾に行っていた俺様を
ソッコー呼び戻し、学校へ・・・・


学校に着くと、他にも2人の生活指導の先生が待機していて、
それぞれ個別の部屋に行き、聞き取り調査が始まる。

俺様と他二人のそれぞれの話を聞き合わせ裏づけをした先生達は
相手の子と両親を学校に呼び、
全員集合で話し合いがはじまった。


聞いたところ、前々からうちの俺様とその子は
ちょこちょこともめていて、
「本日、決闘だ~!」となっていた話を聞いた
他の二人が、いっちょかみでついてきて
3対1のケンカになったらしい・・・・


話し合いは10時まで続き、
相手の親御さんは
「今後、こんなことがないようにしてくれたらいい。」
という事で
3人がその子に謝り、一応の決着はついた。



ケンカは素手でタイマン!!



という、ルールを侵した以上
たとえ俺様だけが返り討ちにあって、
腕に怪我をしていても何も言えるわけもなく

ひたすら相手の親御さんに謝るだけでした。


相手が怪我をしてなかった事だけが
唯一の救いでしたね。アップロードファイル


その後、彼は「魔王」から
外出禁止令が出され、
放課後出歩く事を禁止されてます。

当然、クラブでもスクワット2000回
声出し、玉拾いのみの参加!という
ペナルティが課されている。






スポンサーサイト
2007.06.19 Tue l 反抗期達の記録 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。